Skip to content

秘書業務はプロのスキルが求められる仕事です

そもそも秘書ってどんな仕事ですか

秘書の仕事は、企業の経営者のように日常的に忙しい人の業務全般関わるスケジュール調整や管理を行い、それに伴い必要な事務的、庶務的な一切の仕事を取り仕切ることだといわれています。一般的に企業の社長や役員を対象にした秘書業務が広く知られているようです。事務処理用能力に加えて、関係各部署との調整能力や場合によっては語学力まで有する高い能力の人材が秘書として活躍できるといわれています。プロであることが求められることから、一朝一夕に育成できないので、最近は秘書の派遣を委託するケースが増えているようです。

即戦力としての能力が求められます

対外的な連絡業務とは別に、社内の各部署との調整が往々にして必要になることから、社内全般の業務や組織に関する知識も必要とされています。このようなスーパー人材は、そう簡単に育ちません。能力だけでなく性格面での適性もあるからです。その一方、そんな秘書業務を派遣でこなすというプロの秘書も増えています。彼女たちは文字通り即戦力のプロの秘書です。特定の会社に縛られず、秘書としてのキャリアを積みながら3か月から半年といった決まった期間だけ秘書として働くという形態が多いようです。委託する側は必要な期間だけ派遣してもらうことで、人件費を節約できるメリットがあり、派遣で働く側は一時的に働きたいケースや、あまり気に入らない職場の場合、契約期間だけで終わらせることができるというメリットがあります。

働き方が多様化しているということです

このように、派遣の場合は期間限定を前提にした派遣契約が取り交わされています。労働者派遣法という法律に規定されているルールに基づいて、派遣される秘書が担当する業務範囲も予め契約に定められているはずです。報酬などの条件面と見ると、正社員に比べ派遣の場合やはり収入が少なくなるといえます。その反面、自由な働き方ができるというのが派遣の特徴といえます。あまり一般的とは言えませんが、紹介予定派遣という形態の場合は、派遣から正社員になるというケースもあるようです。

秘書の派遣のサービスでは高いスキルを持った人材の紹介を短期から長期まで行っているので非常に便利です。