Skip to content

昼に貯めて夜にも貯められる!太陽光発電の蓄電池の魅力とは?

天気のいい昼間にたっぷり電気を貯めよう!

太陽光発電は、日の光を利用して発電するものですよね。そのため、天気がいい日中は、たくさんの電力発電が可能です。ですが、どんなに天気がいい昼間でも、その日家にいなければ、発電した電気をすぐに使えません。そこで登場するのが、蓄電池の存在です。蓄電池があれば、昼間に貯めた電気を、夜の家族団らん時に活用できます。つまり蓄電池があるかどうかということは、発電した電気を無駄なく使えるかということにもつながりますね。

安価な夜間電力を活用しよう!

太陽光発電の欠点は、天気が悪いと発電できないということです。天気が悪い時は、電力会社から電気を購入するのが一般的です。そして、電力会社から電気を購入する際にも、蓄電池が活躍します。実は、電気は、使っている人が少ない夜間のほうが安くなります。そのため、夜間電力で電気を購入することでお得に電気が使えます。蓄電池は、夜間電力を充電できます。その充電機能を使うことで、お得な夜間電力を貯めて、電気代の節約が可能です。

ズバリ!蓄電池のメリットは何があるか?

蓄電池に電気を貯めておくことで、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。1つ目が、電気が貯めてあるので、停電時も安心ということです。そして昼間に発電した電気、お得な夜間電力を蓄電できるので、電気代の節約が可能です。その一方で、設置費用や置くスペースなどの問題点も存在します。蓄電池について検討する場合には、目先のメリットだけで考えるのではなく、メリットとデメリットの両方の観点から検討することが大切です。

フォーアールエナジーの産業用蓄電池システムは、企業のニーズに合わせた出力や容量で提供することができ、耐久性も非常に高いことから信頼性の高い蓄電池システムを提供してくれます。