Skip to content

業務を効率よく行いたい!システム開発とは何か?

システム開発とは何か?

日常の業務において、これはコンピュータでできるだろうと思う業務もあります。それをシステムとして使えるようにすることを、システム開発といいます。システム開発と聞くと、コードをたくさん入力するプログラミングを想像する人が多いでしょう。システム開発はプログラミングだけでなく、業務を最適化するのにどうすればいいかを考える設計から行い、そのあとに開発作業、そして仕様通りに動くか確かめるテストを行います。これらの一連の流れをシステム開発と呼ぶのです。

システム開発はどうやって進めるのか?

システム開発を行うにあたっては、まずユーザーからの要求を聞き、要件定義をするところから始めます。作業の効率化を図るために、ユーザーが提示した情報をもとに、プロジェクトチームでどのようなシステムにするかを考えます。システムの具体的な構造が決まれば、各自役割分担をして作業に取りかかります。みなさんはSE(システムエンジニア)という言葉を聞いたことはあるでしょうか。このSEと呼ばれる人やプログラマーが、システムの設計・開発の中心となっているのです。テストが完了したら、その後は納品して終了ですが、納品後に不具合が見つかった時に対応できるように、保守やサポートも必要になります。

システム開発を担うプロジェクトチーム

システム開発を受注すれば、それに取りかかるためにプロジェクトを立ち上げます。そのプロジェクトのリーダーはプロジェクトマネージャー(PM)と呼ばれますが、実際にどんなことをするかご存知でしょうか。PMは主にシステム開発の計画を立てて、進捗管理を行うのが仕事で、要するに現場監督の役割です。PMのもとで、SEやプログラマーが作業を行います。ユーザーから要望があれば、それにこたえられるよう努力しなければなりません。もしも、作業に遅延が生じた場合は、人員の追加やその後の作業を並行させるかして、調整を行います。

データやファイルを安全に移動して使えるようにするために使われる技術が、notesのマイグレーションです。